百佳乐

情報センター
情報センター

Hotline Telephone

62812802

Connect with Mass General
當院血液研究所多學科の連攜で 血友病と血管腫大出血の患者を治療
作者:xaszxyy  発表日:2018-09-03


        近日、59歳の男性は他の病院で臀部の血管腫を切除した後、傷口の出血止がまらなかったので、血液系の病気を疑い、當院の血液研究所に來て検査を受けた。検査を経て血友病Aと診斷され、その後、殘った血管腫瘍が破裂したため、致命的な大出血が発生した。死神との走りのような「生死の時速」を上演し、當院9つの學科8回の會診を経て協力して、患者さんが安全に戻り、病院から退院した。

        2月上旬、患者の董さんは、左臀部の巨大な塊で、他の病院で治療を受けて左臀部の塊を取り除き、術後病理により血管腫を示した。しかし、手術後の傷口が血を滲み続き、塞がることができず、血の腫れを形成した。転々として當院に來て、入院してから凝血の結果を調べ、APTTの延長を提示した。凝血因子VIIIの活性は35 %で、正常の半分より少なくなり、血友病Aと明らかに診斷された。凝血因子VIIIに治療し、同時に抗感染、止血などの対癥治療を與えた。火傷整形外科韓悅主治醫師により會診をもらった。中斷で薬を変えて2週間の治療をした。傷口の出血は減少し、しかし塞がりは依然として難しい。火傷整形外科の陶諫主任醫師が會診してから左臀部創面血腫除去の探査術を行い、術後に一度穏やかになった。

        狀況が急変した。03月08日0時03分、患者さんが寢返りた後、臀部創面が大出血し、顔色が青白く、息が激しくなり、血圧が52 / 29 mmHgまで下がり、出血性ショックが発生した。狀況が厳しくなり、私達は直ちに補液を與え、血圧を維持し、輸血科に連絡して、緊急の輸血などの救助をして、同時に再び火傷科の會診をお願いした。陶諫主任醫師は午前2時20分に緊急の手術で救助した。出血部位が骨盤腔に近いので、整形外科一科の王濤主任醫師をお願って手術を補助した。手術中で傷口深部に7-9mmの厚さの動脈血管組織が疑われた。 出血が殘存血管腫に起因する可能性があることを考慮すると、複數の縫合の後、出血は止まり、手術後患者さんは無事に病棟に戻った。陶諫主任醫師の紹介によると、血管腫瘍の周囲の組織がもろくて壊れやすいので、縫合の効果は正確ではなかったら、再び出血する可能性がある。いったん出血したら、動脈血管は骨盤腔に収縮されて、患者さんは生きる可能性が小さくなることが分かった。彼は介入部で血管塞栓術を施行することを提案した。一般外科三科の陳巍副主任醫師も局部で血管塞栓術の治療を提案した。緊急に介入部の王義清主任をお願い、彼が會診した後、直接に介入治療したら、リスクが高く、血管CTA検査を整えた後、血管塞栓術を施行するかどうかをを決めることを提案した。患者さんが活発な出血を持っていることを考慮すると、CTA検査のリスクが非常に大きいことが分かった。宋艷萍主任に報告した後、すぐに醫務科の劉超課長と、杜威副課長に狀況を説明した。醫務科は高い重視を與え、各科室を調整し、十分な準備をして救援通路を通じた。火傷科の茹戦峰主任と陶諫主任醫師は、もしCTAの中で意外があったら、全力で患者さんを救助することを表明した。整形外科二科の張延平主任と一般外科三科の田立民主任も、意外な狀況が出たら、最初に救助に協力しようと言った。宋艷萍主任は放射線診斷科の鄔小平主任に患者さん今の狀況が厳しいことを説明し、直ちにCTA検査を行って応急手當をした。鄔小平主任は「問題がなく、私たちは必ず一致協力して患者さんを救助しよう」と言った。映像科の綿密で細やかな手配の下、CTA検査をスムーズに行った。介入部の王義清主任は映像を読んだあと、介入治療に適応すると考えた。當日午後4時30分には、経皮的左內腸骨動脈DSA +血管塞栓術を順調に完成し、止血効果も確実であった。その後、傷口はだんだん回復し、火傷科は血液研究所で患者さんに薬をか換え、まだ出血していなく、病狀は持続的に安定し、3 月-22日に退院した。退院したとき、患者さんは「西安市中心病院の皆様のおかげで、私に第二回の命を與えてくれた。ありがとう!」と感激の涙を流しながら言った。

        今度の多學科の協力救助は、當院が危篤、疑難、複雑な狀況を持つ患者さんを救う上での能力を十分に現れた。同時に、さらに醫療関係者同士の間にお互いの信頼を強化し、科室間の共同協力と責任も、また三級甲等病院としての専門技術を現した。