百佳乐

情報センター
情報センター

Hotline Telephone

62812802

Connect with Mass General
患者急性結石性膽嚢炎により巨大な膽嚢誘発
作者:xaszxyy  発表日:2018-09-03


        近日、膽嚢結石、II型糖尿病、高血圧の65歳の女性は、右上腹部の痛みが止まらなく、また発熱と下痢に伴うため、當院に來て診察を受けた。超音波と腹部CTのチェックした後、患者さんの膽嚢の體積が大きく、結石性膽嚢炎を患ったことが分かった。消化器內科に収容され、抗炎癥治療を経て、腹部の痛みが明らかに改善されなかった後、一般外科二科に移った。高小鵬副主任、消化器內科の莊坤主任及び張欣副主任醫師が會診した後で、腹腔鏡手術治療を提案した。

        しかし、病狀の発展は予想以上であった。4月18日に超音波部門の醫師が定例術前の検査で驚いた発見があった。それは、結石は膽嚢の首部にあるので、膽嚢は明らかに23 x 8.9 cmに増大し、巨大な嚢性の塊を形成したことであった。それはここ數年以來當院で発見した體積がもっとも大きい膽嚢であった。膽嚢には濃い膽汁と炎癥性滲出液が満たされ、膽嚢穿孔はいつでも発生する可能性があ。

        

        しかし、患者さんは多くの慢性的な病気を患い、また血液ガス検査では、I型呼吸不全(酸素飽和度84%、動脈酸素分圧46mmHg)を顕示した。これは、麻酔と手術の危険性が大幅に増加させた。迅速な進展の病狀と多種の合併癥は治療を進退させるところ陥った。一般外科二科の馬小安主任、高小鵬副主任、超音波部門の鄭瑜主任たちにより、検討を繰り返し、また家族と十分なコミュニケーションをしてから、超音波の下で経皮経肝的膽道ドレナージ(PTGD)を実施し、引流減圧後、期日を選んで手術を行うことを決めた。患者さんの膽嚢が大きく、穿刺の中で破裂のリスクが非常に高いため、十分な術前を準備して、一般外科二科の醫師チームの密接な監視のもとに、超音波部門の鄭瑜主任、呉媛主治醫師により、患者さんにPTGDを実施した。まず最も細い穿刺針で少しの膽汁を抽出して減圧し、それから迅速に特製の膽嚢の排液チューブに入れた。手術の過程で協力で、確実ですばやくて必ず一回だけで成功することが要求された。排液チューブを入れた後、排液チューブを通して暗褐色の濃厚液205mLを抜き取ったところ、膽嚢の體積が縮小し、患者さんの癥狀は明らかに緩和された。一般外科二科チームの丹念に治療して、患者さんの血中酸素の濃度、炎癥指數は正常に戻った。
関連知識のリンク:

        超音波の下で経皮経肝的膽道ドレナージ(PTGD)は急性膽嚢炎を患い、手術リスクの高い重病患者や高齢患者の治療に主に使用され、低膽道閉塞に対しても、膽道ドレナージを達成することができる。膽嚢圧迫を迅速に軽減し癥狀を直ちに緩和でき、適期の手術治療のためによいタイミングを提供する。當院の超音波診斷科は現在、この技術を一般的に展開している。毎年、病気例は百余例で、理想的な臨床効果が得られた。