百佳乐

科室案內
科室案內

Hotline Telephone

62812802

Connect with Mass General
小児保健科
作者: xaszxyy  発表日: 2017/12/28 17:59:02


    西安市中心病院の小児保健科は2012年3月に児內科から分離され、正式に設立されました。目下、當科は技術力が強く、人員の配置が合理で、主任醫師と副主任醫師はそれぞれ一人がいて、また専門的な回復治療師と回復機構があり、強い総合力を持ちます。當科は西安市身體障害者連合會に指名された脳性麻痺と智力障害児童の評価及び回復機構です。または山西省三級甲等総合病院のなかで最も早く、最先進の小児保健醫療機構でもあります。

主に展開する業務
児童早期総合発展指導診療所
児童早期発展とは成長段階に速く進んでいる幼児の心身の特徴に対して、適切な環境を作り、必要な活動を行い、科學的な醫療関與を実施することにより、子供の身體、心理(感情)と社會に対する適応性を健全的かつ完璧な狀態に達成させます。
児童早期発展診療所の業務範囲
1.1対1の方式で、一人一人の子供の特徴に対して、親たちに正確な子育てを指導し、親たちが子育てを合理的な道に導き、定期的に子供のために成長検査を行い、栄養狀況を確認します。
2.52項の神経運動検査を行うことにより、成長過程における神経の異常を発見すると共に、直します。
3.子供の異なる年齢層における心理発展の特徴によって、子供の智力を発展させようと親たちを助け、子育ての過程で會ったいかなる難題を解決します。
4.3歳以內の幼児を科學的に數學と閲読を勉強させようと親たちを指導します。
5.ハイリスク小児保健と関與診療所
百佳乐 6.ハイリスク小児保健とは基礎児童保健というプラットフームから発展してきて、予防と治療が結ばれ、學際の新しい課題、児童の早期総合発展、児童保健內容の拡大、障害者比率の減少及び児童保健専門水準の向上と利益に積極的な意義があります。ハイリスク児童に対して、系統的な保健と早期の醫學関與を行い、運動と智力の発育を促し、脳麻痺、低智力の発生率を減少させます。