百佳乐

科室案內
科室案內

Hotline Telephone

62812802

Connect with Mass General
輸血部門
作者: xaszxyy  発表日: 2017/12/28 18:09:41


    西安市中心病院の輸血部門は2006年3月に成立し、當院1000床以上の臨床輸血の醫療任務を擔當しております。輸血醫學は內科、外科、婦人科、小児科及び重癥醫學臨床輸血治療にわたり、血清學、免疫學、病毒學、分子生物學、移植醫學などの醫學分野も関わっている獨立な醫學學科です。輸血醫療は沢山の醫療分野を含み、多くの醫學學科と交わることがあり、より広範な開発見通しを持っております。
    現在科室はスタッフ8名で、中には高級職名3人、中級職名3人、初級職名2人、修士2名、大學生5名、省市學會に務めるスタッフは3人です。
    主要業務:全自動血液型判定、交差適合試験、不規則抗體スクリーニングと同定、血液免疫適合性実験、出生前後の新生児溶血性疾患血清學的スクリーニング実験、トロンボエラストグラフィー実験、血漿交換技術、新生児輸血技術等です。また、臨床疑難輸血ケースの立會診査に関與し、輸血用血液の適正使用を理解していただくようにしています。近年わが病院の成分輸血の比率はもう100%近くとなり、自己血輸血と血液照射を積極的に行っており、臨床的な醫療血液の安全利用もアップしています。 
    科室は科學研究を積極的に行ってあり、省科學研究課題「低線量照射末梢血聯合腫瘍細胞に対するナノ薬物の効果の研究」を完成し、省科學研究課題「自己血輸血治療ホスゲン急性中毒の実験研究」を関與し、「大量輸血指導案」の編纂に參加し、院內科學研究課題「西安地區漢族と回族群衆血液型表型の調査研究」を完成しました。現在、省級協力プロジェクト一つを行っています。省級以上の核心雑誌に40余りの論文を発表し、SCI一通収録され、20萬字の獨著2部を完成しました。