百佳乐

科室案內
科室案內

Hotline Telephone

62812802

Connect with Mass General
神経外科
作者: xaszxyy  発表日: 2017/12/28 18:18:29


    西安市中心病院神経外科は1965年に創建されました。1988年に衛生局系統重點専科と選ばれ、2005年に市級重點科室の列に入りました。現任の神経外科主任の張政威教授は中國有名的な神経外科専門家で、張政威教授の指導の下、人材の構成が合理的で、醫療設備が先端で、臨床醫療?教育?科學研究の総合実力が強い綜合性神経外科に発展されました。教育、科學研究などを含めて、1984年に西北地區で率先的に神経外科専用の手術顕微鏡、結合顕微手術技術と顕微手術機械を導入してから、當神経外科が顕微神経外科時代に入りました。顕微鏡下の神経系統手術を完成しました。前より、手術の精度と腫瘍全切率を幅広く高め、手術傷害が大幅に削減されました。當科には優秀な醫療チームを有しており、臨床、教育、科學研究力も強く、四十年間3萬人以上の患者さんを受け入れました。基層神経外科醫師の育成は百名以上で、當地區神経外科の普及と発展に巨大な貢獻をしました。
    神経外科現在は、主任醫師が4人、副主任醫師5人、主治醫師4人、 レジデンシー4人、副主任看護師一人、主管看護師4人、看護師12人のチーム體制となっており、科室の病床數が48あり、その中で8床がICUベットです。當科ではドイツライカMS-2手術用顕微鏡と手術中ビデオ検測システム、自動開頭器械、ドイツ蛇牌雙極電凝、イギリスダンメ半導體レーザーナイフ、高精度定位器具、頭蓋內圧モニターと亜低溫治療裝置等數多くの最先端の醫療設備や機器を導入しております。
    當科40年來、各類手術2萬例余りを完成しました。特に重度頭蓋脳損傷の治療の面で、豊富な臨床経験を積みました。重度頭蓋脳損傷の死亡率を効果的に減らし(現時點中國國內の重度頭蓋脳損傷の死亡率は40%で、當科は20%。)、頭蓋脳損傷の治療例數は省內一位です。頭蓋內腫瘍、脊髄腫瘍、高血圧脳出血の手術治療の面で獨創的なことろがあって、神経膠腫、髄膜腫及び下垂體腫瘍の手術治療は國內トップレベルに達しました。近年來、脳血管疾患の最小侵襲介入治療と三叉神経痛及び顔面痙攣の顕微血管減圧術の診療水準を高めました。