百佳乐

科室案內
科室案內

Hotline Telephone

62812802

Connect with Mass General
放射線診斷科
作者: xaszxyy  発表日: 2017/12/28 18:23:52


    西安市中心病院の放射線診斷科は西安市醫學映像中心、西安市重點學科、西安交通大學醫學部の修士基地、西安市臨床映像質控センター所屬の単位です。何代人の努力を経て、學科は逞しく発展と進歩を取りました。診斷の質、學術レベル、科學研究、科學発展などの各方面で著しい成績を取りました。
わが科はすでに人材と専門の構造が合理的で、技術の実力が十分である老中靑年専門チームになります。現在では醫、技、護が各分野の専門技術者は44人を持っています。その中では、主任醫師4人、副主任醫師6人、博士と博士在學生3人、修士と修士在學生7人があります。
     わが科は多くの先進的な検査設備を持ち、1985に日本から日立頭部CTを輸入し、西安市で一番早くCTを導入した単位です。現在では1.5T MRI1臺、256iCTや16列CT各1臺、ホイストDRシステム2セット、移動DRシステム1セット、デジタル乳腺モリブデンターゲットシステム1セット、胃腸造影デジタル化システム1セットがあります。
    わが科は神経システム及び五官疾病の診斷における、當院は西安市のトップに立っています。國際先進レベルの「顔面神経管重層螺旋CT曲面の再建」技術を初めて生み出しました。前後して正常骨端や骺板MR応用、曲面再建頭の顔、體部の応用、胸部CT低線量スキャン、骨関節癥の多層螺旋CT後の処理技術、Pinpointを CT介入診斷に応用、歯科CTを口腔変形に応用、CT內視鏡の応用、CT心臓冠動脈イメージング、CTA、脳や肝臓のCT、MRイメージング、胎児MR、乳腺モリブデンとMRの研究、膽道病変MRイメージング研究、MR拡散、拡散テンソル畫像やスペクトルの臨床応用などの研究を展開しました。
    わが科は近十年以來、SCI、中華シリーズなどの學術論文100余部、參加した編集及び翻訳の作品8部、國家、省、市及び研究課題13項を発表しました。全市に醫學映像學術団體及び映像學雑誌で職務を擔當した最も多いの単位の一つです。全市に醫學映像の分野で高い學術の地位を取り、全省に醫學の分野でもかなりな學術の地位を得ました。
    わが科は 陝西中醫薬大學、延安大學、西安醫學院、エネルギー學院、科學技術衛生學校などの映像についての専門教學の責任と基層病院の研修生に対して育てる責任を擔います。教育の形式と方法における絶えず革新、教育の質を高めさせます。數十年に何代人の勤勉に努力し、數百の生徒と研修生を育ち、省の內外にいて、その一部分は地元の技術基幹になりました。